単身赴任 引越し 単身パック

引越し一括見積もりはこちらで!

単身用の引越し 単身パック

単身赴任することになって、引越しをしなければならない場合、余程のことがない限り、荷物は最低限のもので済ませると思います。

 

転勤先への距離にもよりますが、荷物が少なめなら単身パックの利用も視野に入れることをおススメします。

 

引越業者のプランでも単身用のパックは、たいていの業者で用意されています。

 

つまりそれだけ、ニーズがあるということですね。

 

単身パックのプランも引越し業者によって違いますし、どの引越し業者がお得かは見積もりを出してもらうのが一番ですね。

 

3〜5社くらいに相見積もりをしてもらい、その結果によってどの業者を使うか、決定するのがベストです。

 

ネットや電話での見積もりだけだと、後々トラブルになることが多いので、きちんとした見積もりはやはり、訪問見積もりをしてもらうのがいいですね。

 

一括見積もりをしてもらった業者の中から、見積結果と併せて電話対応などの良い業者を2〜3社くらいに訪問見積もりを頼むといいと思います。

 

単身の見積もりはあまり時間がかかりませんから、30分〜1時間程度あれば大丈夫です。

 

単身赴任の場合、急に転勤を命じられて引越しまで時間がないという人もいると思います。

 

身の回りのものは用意できても、家電などの単身用のものは後で送るか、転居先で購入するというパターンが多いですが、クロネコヤマトの単身パックの中には2年間の家財レンタル付きの引越しプランというものもあります。

 

生活家電4品(冷蔵庫・洗濯機・液晶テレビ・電子レンジ)がレンタルできるプランです。

 

長距離で急な転勤の場合で、最低2年の単身赴任ならば、こういったプランも選択肢のひとつに加えてもいいですね。


転勤の場合の引越しは会社負担が原則ですが・・・

転勤は会社都合で行われますので、原則、会社負担が通常です。

 

ただ全額会社が負担してくれる場合と、会社負担の上限が決まっていてオーバーした分は自己負担しなければならない場合がありますから、事前に会社にしっかりと確認することが必要です。

 

引越し先の新居も会社が用意してくれている場合もあれば、自分で探さなければならない場合もあります。

 

その新居の家賃についても上限が決まっているケースが多いので、初期費用を含めて、会社が負担してくれる金額をしっかりと確認しておきましょう。

 

引越しが長距離になる場合はとくに引越し料金も高くなりますので、オーバー分は自己負担となると大変です。

 

余計な出費になりますよね。

 

会社の負担が全額なのか、上限が決まっているのかによって選ぶ引越し業者も変わってくる場合もありますから。

 

いずれにせよ、転勤の単身赴任の引越しは時間が限られているのが通常ですから、荷造りにも時間をかけないように持っていかなければならない絶対必要なものはチェックして、あれば便利というものは荷物に加えないようにしましょう。

 

転勤先の新居で、カーテン付きというのは稀です。

 

カーテンは生活する上でまず必要になりますが、窓のサイズによって用意するカーテンも変わってきます。

 

転勤先の現地で購入する時間があればいいのですが、異動の挨拶などで慌ただしく、買い物に出かける時間もとれない時がありますから、事前に窓のサイズは確認してカーテンも用意したほうが無難ですね。

 

単身赴任で、自分でお料理する人は少ないと思いますが、新居がIHなのか、ガステーブルなのかで用意するお鍋やフライパンなどが変わってきます。

 

まず自炊はしないというならいいんですが、少しは自分で作るとか、インスタントラーメンくらいは作るつもりならそれも確認したほうがいいですね。

 

お湯くらいは沸かすでしょうから電気式のポットにするか、ヤカンなどの用意も必要ですね。

リンク集